英語English日々勉強

英語の勉強に便利なグッツ、勉強法等良かったものを紹介していきたいと思います。

「一億人の英文法」の著者、大西 泰斗先生ってどんな人?

前回の記事でご紹介した「ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 (Native speaker series)」が、あまりにも腑に落ちる部分が多かったので、著者の大西 泰斗氏が気になり調べてみました。

前回の記事はこちら↓↓
samo.hatenablog.com

大西 泰斗氏(おおにしひろと)

オフィシャルサイトはこちら↓↓
www.englishatheart.info


現在は言語学者で東洋学園大学人文学部教授です。

林修先生で有名な東進スクールでも講演を行われています。

従来の日本教育のような文法や単語の詰め込みではなく、
言葉のイメージをつかむように絵で説明されていて、
ネイティブの英語感覚が身につく素晴らしい本を出版されています。

中でもネイティブスピーカーシリーズは全シリーズで30万部以上も売れています。

ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉

ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉

ネイティブの間隔を身に着けるために。

話すための英語について、どの著書でも一貫して書かれています。
ネィティブが話すときに思い浮かべているイメージや、
含んでいるニュアンスを説明されています。

特に「一億人の英文法」は受験生の文法書としても有名ですが、
大人になって読んでも「知ってるつもりでしらなかったーー!」
というアハ体験が楽しめます。

前置詞の使い方に迷うようなときに読むとそれぞれのイメージが
頭に入って使い分けることができるようになります。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

ただ分厚いので持ち運ぶのは大変です・・。

最近はアプリも発売されているそうです。
一億人の英文法を読んだ後で、
頭に入ったかどうか確認テストをすると良いですね。

↓東進ブックスの無料アプリから、購入できます。

http://is5.mzstatic.com/image/thumb/Purple62/v4/30/ef/6d/30ef6d6a-022e-8419-96f4-15167770c4bb/source/60x60bb.jpg



声にだせということも繰り返し言われています。私も英語を声に出すようになってから
聞き取りもしやすくなったので、これからも続けていきたいと思います。

返し読みしないようになるおすすめ本

返し読みしちゃだめ!といわれてもどうやって?という部分が書いてある書籍って
あんまりないと思うのですが、その部分に答えてくれる本でした。
ネイティブの感覚的な原則を説明してくれています。
私にとっては、腑に落ちる本で、ぼやっと疑問に思っていたところも
感覚的な部分で解決されました。
関連本もぜひ読んでみたいと思っています。

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 (Native speaker series)

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 (Native speaker series)

以下は私が付箋を貼ったところ。

①英語は配置こそすべて
英語は並べると説明→後ろが前を説明します。

②なぜwant 人 toの形をとるのか。似たような意味のhopeはその形をとらないのか。
動詞の意味をわかることが大事。
want は実現への差し迫った欲求をあらわす圧力が高い言葉。(彼女にしてほしい等I want her to〜)
hopeは希望について述べている(報告している)だけ。逆にwantは報告する形である、I hope that〜の形はとれない)

③否定疑問文notを勘定にいれない。

「好きじゃないの?」とたずねられると、「うん。好きじゃない」と答える。
英語だとDon't you like it?(好きじゃないの?)とたずねられたら、No,I don't.(好きじゃないよ)
つまり Don't は無視してyou like itのところだけに反応するようにする。

④前という場所は後続する表現を限定する位置。

例えば、red jaketはジャケットを赤いもので限定している。

頻度副詞は動詞の前が基本位置。
alwaysなどは述語の意味を狭く限定するから。

They always go to church on Sundays.

⑤notはいつも右側を否定

someはいくつかのではない。ぼんやりと存在がわかるくらいの内容。
日本語のいくつかのに近いのはseveral

⑥分子構文は物語モード(インパクトを与える形)

Climing over the fence,he ripped his pants.

When he climbed over the fence,he ripped his pants.

分子構文のほうは
「フェンスを乗り越えたときなんだ、破いたのは」というかんじ。
Whenからはじまるほうはもっと平たい感じ。

⑦That は聞き手の注目を導く
I think that we could turn a blind eye on this occasion.
今回は大目に見てや手もいいと思いますが。

I think they trust me.
奴ら俺を信じていると思うぜ

thatが入ると「何を考えているかというと、、」といった具合に聞き手の注目を集めている。
that がない文章のほうは、短く畳み掛ける内容で、丁寧に導く必要がないような内容。



過去形は今と切り離されていて、
現在完了形は過去から現在に近づいてくるダイナミックな深みがある。現在形 は今の状況についてだけ述べている平たい文。


過去完了は過去より前の時点を表すのではなく、過去の時点から振り返る。


進行形は、活動レベルの高い動詞が進行形になる。しているという日本語訳になるものが、進行形と思わないほうがいい。持っているという意味で使うときのhaveはhavingにはならない。食べているというときは、havingになる。
I was having dinner.はオッケー。
I was having a pen.はおかしい。

英語日記はじめました。

金銭的理由によりqqenglishで受けていた、カランメソッドをやめてしまいました。6番目の本まで進んだので、しばらくは、自分で復習しようかと思ってるところです。今度は自分で文章を作り出す力をつけようと思いまして、英語日記に力を注ごうかと思います。今まではLang-8だけだったけど、新しくcafetalkで見つけた先生に、英語日記添削をしてもらっています。詳しくコメント付きで添削してもらえたり、疑問にも答えてもらえるので、いい感じです。

夏フェスの英語

だんだんと涼しくなってきた今日この頃ですが、盆休みにサマソニ大阪に行ってきました。
そこで、ミュージシャン達が、
客席に向かって叫んでた言葉、

Make some noise!

日本のミュージシャンでいうと、
みんな〜!とか、いくぜ〜!という言葉で、
客席とのやりとりを楽しむという感じ。

直訳すると「音を出せ」みたいな感じですね。
おもしろいです☆

ひさびさに踊りまくって汗かいて
はしゃいで、ビール飲み過ぎて、
バスの中でめっちゃ気持ち悪い。

シャトルバスは長蛇の列だったんで、
アーバスとっといてほんと良かった。

いやーほんとZEDD良かったわー☆


広告を非表示にする

Lang-8 英語を採点してくれるサイト

ライティング能力を上げたかったら、
日記をかけ!みたいに言われますが、正解がわからないまま書き続けるのは辛いものです。Lang-8というサイトは、他言語を習得したいひとが集まっていて、母国語を採点してあげて、他言語を採点してもらうというギブアンドテイクなサイトです。これなんていうんだっけ?とか日記をつけるように使っています。
間違いの指摘はもちろん、間違ってないけど、こっちの言い回しのほうが、ナチュラルとか習慣にしていきたいです。。文章に対する、コメントも付け加えてくれる人もいるので、交流もあって、嬉しいです。
しかも無料だしね☆←これ重要!

カランメソッドを受ける前に

大人になってから英語の勉強をしはじめてから、一番伸びたなと感じているのが、リスニングです。カランメソッドの効果が一番出ているかなー。と思う部分です。英語独特の発音を知ってから、カランメソッドで定着させていくのが、大切です。

例えばtの発音、maintain やwrittenのtは飲み込むように発音します。知らなかったら聞きとれません。

動画を検索すれば、出てくるのでタダでマスターできます。

ひととおりみてからカランメソッドの授業を受けたことで、つまづく部分が減って聞き取りやすくなりました。

サイトトランスレーション 精読

カランメソッドステージ4まで到達しました。
ただいま、ステージ1からの総復習中です。全く聞き取れない状態から、かなり聞き取れるようになりました。発音も注意されることがほとんどないです。前に紹介したジュミック今井さんの本で発音練習してから、カランレッスンしたのがほんと良かったと思っています。
でも長い文書になると、途中でついていけなくなってしまう。後ろから訳すクセが抜けないのです。そこでいろいろ調べていたのですが、前から訳すことをサイトトランスレーションというそうです。同時通訳の方が、文節ごとに区切って訳す方法です。何かテキスト使って、精読したものを誰かに添削してもらえればいいのだけど、、。オンラインの先生はフィリピン人だし細かいわからないことを質問できないし。日本人の先生がいいけどお金がないし。なにかいい本ないかなぁ。今探し中、、。

→見つけました。サイトトランスレーションのためには文章の構造をわかってないと
いけないので、練習用にこれ買いました。

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

いろいろ検討したけど、説明がすっと頭に入ってくるのがこれでした。単語だけを覚えても文の構造がわかってなければ正確な意味はわからないという考え方のもとに、3〜4行の文を分解して細かく説明してくれるので、すごく丁寧な先生に添削してもらってるような形です。わかってるところも多いけど、再認識することも多くて、大きな敵を倒す前のレベル上げを地道にやっているような感じで、すごく良いです。
3〜4行の文に対して、2ページもの解説で、自分の甘い認識だったところが、洗い出せると思います。

もうひとつ難易度が上がるとこれです↓

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

ちなみにアルクの教材も良さそうでした。

[音声DL付]究極の英語リーディングVol. 1

[音声DL付]究極の英語リーディングVol. 1

文章量が多いので、もう少し実力つけてからやろう。と思っています。

ここらへんやったあと、ボリュームがあるものを読めるようになってきたら、
オンライン英会話の先生にみてもらうようにしよう。
楽しみ☆